注目の新型フォレスターの安全性能は?試乗評価から見えてくる真価

新型フォレスターは高い環境性能と走破性にこだわったモデルとして高い評価を獲得しています。
しかし、もう一つ注目すべき点が安全性能です。
新たに採用されたシャーシのほか、さまざまな安全対策機能によってこれまで以上に安心してドライビングを楽しむことができる自動車として注目されています。
そこで今回は、新型フォレスターの注目すべき安全性能をはじめ、実際に試乗したユーザーの声を参考に詳しくご紹介していきます。

新型フォレスターがこだわった安全性能

新型フォレスターにはさまざまな安全性能が搭載され、歴代モデルの中ではトップクラスの安定性を誇ります。
幾重にも施された安全対策は、あらゆる状況下において事故防止に貢献します。
まずは新型フォレスターこだわりの安全性能をご紹介していきましょう。

アイサイトが衝突事故を軽減

ドライバーにとっての第二の目として活躍してくれるのが「アイサイト」です。
すでにスバルの中級グレード以上の車に搭載されている安全対策装備で、フロントガラス上部に設置された2つのカメラが運転状況を監視。
万が一、前方にある車や人、物に衝突しそうになった場合であっても自動的に緊急ブレーキが働いて事故を未然に防いでくれます。
自分の不注意での衝突はもちろんですが、あまりにも急な飛び出しは人間の反応速度で対応できないケースもあります。
アイサイトは人間の視覚や反応速度に勝る速さでカバーし、これまで不可抗力で起きた事故であっても未然に防ぐことも可能。
最近では高齢ドライバーも急増し、事故を引き起こす例が相次いでいます。
高齢になればなるほど反応速度も鈍くなり不可抗力での事故も増えてきますが、そのような事故を可能な限り減らそうとする姿勢が垣間見えます。
このアイサイトという技術は、今後自動車業界が直面する自動運転技術にも関係してくるはずです。
最新の自動車技術によって得られる効果は大きく、アイサイトのような安全機能を搭載した自動車の出荷台数は急速に増加傾向にあります。

横滑りを軽減するVDC

ミニバンやSUVなど全高の高い車はカーブ走行時に弱く、あまりにも不安定な姿勢でカーブに突入してしまうと自動車の体勢が崩れて横滑りを引き起こすことがあります。
スバルが開発したVDC(ビークルダイナミクスコントロール)はそのような横滑りの危険を未然に防ぐ役割を果たしてくれます。
VDC
4つの車輪それぞれのブレーキ制御を独立して行い、横滑りが起こった段階で最適な力配分で制御する仕組みです。
コースの外側に車体がそれてしまうアンダーステア時には、コースの外側に位置するタイヤ2本に力が集まれば効果を発揮し、反対にアンダーステアの場合はコースの内側にあるタイヤに力が集中するようにすれば効率良く制御することが可能です。
このような細やかな制御は通常のブレーキングでは不可能ですが、VDCによってそれを実現しています。

その他注目の安全性能

アイサイトやVDC以外にも新型フォレスターにはさまざまな安全機能が装備されています。
万が一の事故を防止する役割以外にも、通常使用の中で快適なドライビングを可能とする役割も果たします。
詳しく見ていきましょう。

スバルグローバルプラットフォームの安定性

フルモデルチェンジ後の新型フォレスターはシャシーが見直され、低重心で剛性が大幅にアップされています。
スバルグローバルプラットフォームとよばれるこの新たなシャシーは、2016年にインプレッサに初めて搭載されました。
高剛性は直進安定性に高い効果を発揮し、同時に耐衝撃性にも貢献。
万が一の事故にも耐えうるボディを目指して開発されました。
VDCなど緊急時のハンドル操作にも早いレスポンスで対応できるのは、このスバルグローバルプラットフォームが影で支えているからでもあります。
また、走行時の不快な振動の軽減、静寂性アップにも貢献しています。
このように、スバルグローバルプラットフォームは安全性、快適性の両面で支えている、まさに新型フォレスターの屋台骨といえる存在です。

カーブ走行時に威力を発揮するアクティブ・トルク・ベクタリング

カーブ旋回時のブレーキングをアシストしてくれるVDCのほかにも、ブレーキ操作と並行して効果を発揮するのがこの「アクティブ・トルク・ベクタリング」です。
カーブ進入時の速度や道路状況を把握し、適切なエンジン出力やトルクを配分しながら調節してくれる安全機能です。
内輪側と外輪側のブレーキング調整を可能にしているのも、このアクティブ・トルク・ベクタリングによるものです。
このようなカーブ走行時のアシスト機能は車高の高いSUVには特に有用です。
土地勘のない道路を走行中に遭遇する急なカーブや障害物などがあっても適切なタイミングで対応することができ、誰もが経験するヒヤリとした危険を軽減してくれます。

新型フォレスター試乗評価の声は?

さまざまな安全性能が搭載され、シャシーから大きな進化を遂げた新型フォレスターですが、実際に試乗したユーザーはどのような評価をしているのでしょうか。
乗り心地や走行性能、安全性能に関する声も多いようです。
それぞれ具体的にご紹介していきましょう。

高い剛性で安定感抜群

試乗したユーザーの多くから聞こえてくるのは、乗り心地の良さや走行時の安定感です。
これらはいずれもスバルグローバルプラットフォームによって得られた高剛性のシャシーによるものです。
これまでのモデルとは明らかに違う、足回りも含めて土台がしっかりとした感覚は一度乗ってみるとその安定感に驚くはずです。
また、振動が低減されていることを体感しているユーザーもいることから、それほど高いレベルで剛性がアップしていることが分かるのではないでしょうか。

https://platform.twitter.com/widgets.js

アイサイトの安心感

次に、安全装備の充実による安心感を挙げるユーザーも多いです。
機械による目である「アイサイト」の信頼性は非常に高く、これまでフォレスター以外の車種にも多く搭載されてきた実績を考慮すると抜群の安心感といえるのではないでしょうか。
また、これまで注目されることの少なかった前方の死角もしっかりとカバーでき、交差点の信号待ちや市街地での走行時など、小さな子どもや障害物などに衝突する危険性を低減してくれます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

走行性能だけではなく安全性能も大幅に進化した新型フォレスター。
燃費やエンジンの性能、装備などに注目されがちですが、万が一のときに命に関わる装備はぜひチェックしておきたい項目でもあります。
単に事故を防止するための機能だけではなく、快適なドライビングを実現するための装備としても有効なものばかりです。
先進技術の恩恵を存分に受けるためにも、それぞれの安全装備の詳細をしっかりと把握し購入を検討してみてください。