新型フォレスターにおすすめの車中泊用マットは?レビューとともにご紹介

ホイールベースが長くなり、室内の広さにも余裕が生まれた新型フォレスター。
SUV車として車中泊を検討している人も多いのではないでしょうか。

広々としたカーゴルームは大人2人が横になれるほどで、長距離のドライブやアウトドアにも重宝するSUV車であることは間違いありません。
カーゴルームにそのまま横になっても良いのですが、やはりベッドや布団に比べると寝心地は決して良いとは言えません。

そこで活躍するのが車中泊用マットレス。今回は新型フォレスターの車中泊に対応できるマットレスを実際のユーザーのレビューを参考にご紹介していきます。

新型フォレスターで車中泊はできる?

そもそも新型フォレスターで車中泊は可能なのか、車内の内寸を確認しながら見ていきましょう。

リヤゲートを開けると広々としたカーゴルームが姿を現します。このカーゴルームの横幅は最大1300mm。左右両サイドにタイヤハウスがあるため、車中泊用のスペースとしては横幅が約1000mm程度と考えておきましょう。ちょうど大人2人がギリギリ横になれる程度の広さです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

後部座席を起こした正常の状態の場合、カーゴルームの奥行きは約900mm。このままで横になるのは難しいので、後部座席を前方に倒してフルフラットにする必要があります。すると、奥行きが1547mmまで広がり、十分余裕のあるスペースが生まれます。

1547mmと聞くと男性が横になるには少し短く感じるかもしれませんが、あくまでもこれは後部座席のシート部分までの長さを表しています。実際には運転席まで30cm程度の余裕があるため、実際に横になってみると普通のベッドにも劣らないほどの心地良さです。

大柄な男性の場合は少し足を曲げないと横になれない可能性もありますが、その場合は運転席や助手席のシートを調整すると良いでしょう。
ちなみに、後部座席のシートと運転席のシートの間にはすき間ができるため、新型フォレスターで車中泊をする際にはリヤゲート側に頭を向けて横になる姿勢がおすすめです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

しかし、フルフラットとはいえ、ちょっとした凹凸やシートとの境目にある違和感が気になって眠心地が良くないと感じる人も多いです。そこで車中泊に欠かせないのが車中泊用のマットです。

車中泊用マットの選び方のポイント

カー用品店やアウトドア用品店では車中泊用のマットが販売されています。最近ではネット通販でも気軽に手に入れることが可能となり、いざという時のために車に常備している人も少なくありません。

車中泊用マットを選ぶうえで最も重要なのは、サイズです。車中泊用マットで個別の車種に対応した専用のマットはほとんど存在せず、個別にサイズが対応しているのかを調べたうえで購入する必要があります。

車中泊用マットで多いサイズは、幅が60cm程度、長さが200cm程度のものです。ベッドのようなウレタン製のものから空気で膨らませて使うエアーマットまで、さまざまなタイプがあります。

一般的にエアーマットはコンパクトに収納することはできますが、寝心地はウレタン製のほうが良いです。ただし、ウレタン製はエアーマットに比べて収納スペースを余分にとってしまうため、素材は用途に応じて選ぶことが必要です。

ちなみに、SUV車向けのマットとしてダブルベッドのような幅広のタイプが多いですが、新型フォレスターの場合は設置スペースも限られているためサイズが適合しない場合もあります。特に横幅のサイズは事前に確認しておきましょう。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

新型フォレスターでの車中泊におすすめのマット

Forrinx エアーマット

Amazonでも安く購入できるエアーマットです。57cm、長さ195cmのサイズは新型フォレスターにぴったり。収納時にはシュラフよりもコンパクトなサイズにまとめることができ、車に常備しておいても邪魔になることはありません。
特に寝心地の良さを評価する声が高く、抜群のコストパフォーマンスを誇る一品です。

Forrinx エアーマット

SGODDE エアーマット

こちらも同様にシングルサイズのエアーマット。蛇腹状のマットで厚さが12cもあります。組み立てが簡単さと価格の安さに惹かれて購入する人も多いようです。
年に数回程度しか使用しないユーザーにもおすすめの一品です。

SGODDEエアーマット

車中泊用のマットは数千円で購入できるものから1万円以上するものまでさまざまです。主にサイズによって価格も変わってきますが、高いものが無条件に良い商品であるとも限りません。使用頻度や車中泊以外の用途も考えながら、最も適していると思われる商品を選びましょう。

また、通常のベッド用のマットレスを車中泊用として流用したり、夏以外の冷え込みが厳しい季節にはシュラフや毛布などを組み合わせて使用するユーザーも多いです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

車中泊用マットの賢い使い方

車中泊用マットと言っても、必ずしも車中泊のみに使用しなければならないものではありません。キャンプや釣りなどのアウトドアに出かけるために購入する人も多いと思いますが、テント内に持ち込んでシュラフ代わりに使用するのもおすすめです。むしろシュラフよりも寝心地が良く、収納スペースも小さいため、賢い使い方と言えます。

また、そもそもアウトドアに出かける機会が少ない人には防災用品として確保しておくこともおすすめ。万が一、自宅が被災した場合に自動車の中で寝泊まりをすることがあるかもしれません。そんな時、車中泊用マットがあるだけで疲労の回復度合いも大幅に変わってきます。

このように、車中泊用マットは本来の使い方以外にもアイデア次第で便利な使い方を見つけることができます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

まとめ

これまでのモデルと比較してますます広々とした空間を実現した新型フォレスター。

アウトドアや長距離ドライブの際に車中泊を検討している人も多いと思いますが、ぜひ一緒に車中泊マットを検討いただき、万全の準備で臨んでください。手頃な価格で購入できる商品が多く、車内に常備しておくと非常時にも役立ちます。

今回ご紹介した商品以外にも、自分の用途に合ったマットを探してみてください。