【フォレスター】VS【ハリアー】徹底比較!どっちが買いか?

2018年夏に登場した新型フォレスターは、シリーズ初となるハイブリッド車もラインアップに加わり大きな話題を呼びました。2018年を代表する車と言っても過言ではない新型フォレスターですが、ライバル車として検討するユーザーが多いのがトヨタ ハリアーです。
今回は、新型フォレスターとハリアーをあらゆる面から比較し、どちらがおすすめなのが解説していきます。


引用:スバル フォレスター

外観とサイズの違い

フォレスターとハリアーはともに歴史の長い車種ですが、それぞれ誕生した経緯は異なります。サイズや外観の違いを詳しく見てみると、その名残を感じ取ることができます。

フォレスターの外観とサイズ

まずはフォレスターのサイズから見ていきましょう。

全長4625mm×全幅1815mm×全高1715mmにまとめられており、最近のSUVとしては平均的なサイズ感といえます。フロントシートまでの高さも450mmと決して高すぎず、乗り降りがしやすい車でもあります。

次に室内の広さを表す内寸を見てみましょう。室内長2110mm×室内幅1545mm×室内高1270mmとなっています。ちなみにハイブリッド搭載モデルのAdvanceの場合、室内長は10mm短い2100mmとなります。

また、フォレスターのデザインは伝統的な角張ったヘッドライトが象徴するように、平均的なSUVのスタイリングといえます。奇をてらわず、これまで受け継いできたフォレスターというブランドのイメージを崩さないような配慮が見られます。


引用:スバル フォレスター

ハリアーの外観とサイズ

次にハリアーのサイズをご紹介します。

全長4720mm×全幅1835mm×全高1690mmとなっています。フォレスターに比べると全長は95mm、全幅は20mm長く、全高は25mm低いサイズです。フォレスターとハリアーそれぞれの歴史を辿っていくと、そもそも車格や排気量は全く異なる車であることが分かります。そもそもフォレスターは2000ccのミドルSUVとして開発された一方で、ハリアーは3000ccクラスの上級SUVとして開発された経緯があります。

しかし、室内のサイズを見てみると意外な結果が見えてきます。ハリアーの内寸は、室内長1965mm×室内幅1480mm×室内高1220mm。フォレスターに比べて室内空間は狭いことが分かります。

次に、ハリアーの外観を見ていきます。大胆に横に広がったフロントグリルは、上級クラスのSUVであることを忘れさせないほどのインパクトがあります。また、全体的に重厚感のあるスタイリングにまとめられており、まさにSUVの顔をした高級車ともいえる1台です。


引用:トヨタ ハリアー

エンジン性能の違い

次に比較するポイントは、車の心臓部分でもあるエンジン性能です。単にエンジンの性能だけで比較するのではなく、実際の用途や経済性も考慮して検討してみましょう。

フォレスターのエンジン性能

フォレスターは全4つのグレードがあり、ガソリンエンジンのモデルは全てエンジンスペックが共通です。ハイブリッドモデルのAdvanceは以下の通りのスペックですが、フォレスターのハイブリッドシステムはマイルドハイブリッドを搭載しているため、あくまでもモーター部分はメインではなく補助的な役割を果たします。

Touring/Premium/X-BREAK

・最高出力 136kW184PS/5800rpm
・最大トルク 239Nm24.4kgfm/ 4400rpm
・燃費(JC08) 14.6km/L
・燃費(WLTC) 13.2km/L

Advance

・最高出力 107kW145PS/6000rpm
・最大トルク 188Nm19.2kgfm /4000rpm
・モーター最高出力 10kW13.6PS
・モーター最大トルク 65Nm6.6kgfm
・燃費(JC08) 18.6km/L
・燃費(WLTC) 14.0km/L


引用:スバル フォレスター

ハリアーのエンジン性能

マイルドハイブリッド搭載のフォレスターに対し、ハリアーは通常のハイブリッド車です。フロント、リアにそれぞれモーターを搭載し、エンジンの補助的な役割という位置付けではなく、エンジンと並行して動力を確保するという考え方のもとで開発されています。

NAのガソリン車で比較した場合、フォレスターに比べて非力さは否めません。しかし、そもそもフォレスターの排気量は2500ccであるのに対し、ハリアーは2000ccという違いもあります。ランニングコストではハリアーが有利であると考えることもできます。

ガソリン車

・最高出力 111kW151PS/6100rpm
・最大トルク 193Nm19.7kgfm/ 3800rpm
・燃費(JC08) 16.0km/L

ターボ車

・最高出力 170kW231PS/5200-5600rpm
・最大トルク 350Nm35.7kgfm/ 1650-4000rpm
・燃費(JC08) 13.0km/L

ハイブリッド車

・最高出力 112kW152PS/5700rpm
・最大トルク 206Nm21.0kgfm/ 4400-4800rpm
・フロントモーター最高出力 105kW143PS
・フロントモーター最大トルク 270Nm27.5kgfm
・リヤモーター最高出力 50kW68PS
・リヤモーター最大トルク 139Nm14.2kgfm
・燃費(JC08) 21.4km/L


引用:トヨタ ハリアー

内装の違い

フォレスターはSUVの王道を、ハリアーはラグジュアリーSUVというイメージがありますが、それは内装のデザインにも如実に現れています。それぞれ詳しく見ていきましょう。

フォレスターの内装

フォレスターの内装にはアウトドアを意識したデザインが採用されています。一部上級グレードには本革シートもラインアップされていますが、X-BREAKに象徴されるようなアクティブな印象の内装デザインが目を惹きます。
広々としたカーゴルームや多彩なシートアレンジなど、フォレスターはSUVとしての用途に的を絞って開発されてきたことがうかがえます。


引用:スバル フォレスター

ハリアーの内装

ハリアーの内装は高級感あふれる質感の高さが特徴的です。全体的に直線的なデザインがメインのフォレスターに対し、ハリアーのデザインは流線型でまとめられています。特に象徴的なのがアーチ状にかかるインパネ周りのディテールです。デザインとしても統一感を演出でき、ラグジュアリーというテーマにマッチしています。


引用:トヨタ ハリアー

価格の違い

自動車選びの最大のポイントが価格です。できるだけ安く購入するために、納得感が高くコストパフォーマンスに優れた1台を探したいもの。両者の価格を比較してみましょう。

フォレスターの価格

フォレスターの価格帯は200万円台後半から300万円台前半となっており、グレード別の価格の幅が狭いことが特徴的です。基本グレードであるTouringと最も高価なAdvance30万円ほどの差しかなく、購入時に価格がネックとなって悩むことは少ないのではないでしょうか。

また、ハリアーに比べて価格帯は大幅に安く、とにかく車体価格を抑えたい場合はフォレスターがおすすめです。

ハリアーの価格

ハリアーの特徴は、フォレスターとは対照的にグレードによって価格帯の幅が大きいという点です。最も安価なグレードは300万円を切る価格で購入することができますが、最も高いモデルは400万円台後半という価格が設定されています。実に150万円以上の開きがありますが、プレミアムSUVとしての位置付けを考えると決して車体価格そのものは高いものではありません。

フォレスターとハリアーどっちがおすすめ?

これまでさまざまな点を比較してきましたが、結局のところフォレスターとハリアーどちらがおすすめなのでしょうか。車を選ぶうえで重視するポイントはさまざまです。どの部分に重きを置いて選ぶのか、それぞれのパターンで解説していきましょう。

使い勝手と実用性で選ぶならフォレスター

フォレスターの特徴は取り回しのしやすさと室内の広さ、そして価格の安さです。マイルドハイブリッドのため燃費はハリアーハイブリッドモデルに負けますが、それでも車体価格の安さで十分カバーできる範囲といえます。

普段使いが中心で、走りを楽しむというよりも使い勝手の良い車を探している人には最適な選択肢ではないでしょうか。

高級感と走りの楽しさを味わうならハリアー

ハリアーの魅力はなんといっても高級感あふれる外観と内装です。高級車のようなラグジュアリー感を求めるユーザーには最適な1台です。
また、ターボ搭載モデルを選択すればフォレスター以上の走行性能を手に入れることもできます。予算が許すのであれば、ハリアーがおすすめです。