【CX-8】こだわりが詰まった内装を画像でチェック!内装色やアクセサリーにも注目

欧州車のようなスタイリッシュな車作りを得意とするマツダ。洗練された外観と革新的な技術開発に果敢に挑戦し、国産メーカーの中でも根強いファンが多いことでも知られています。
そんなマツダが2017年春に発売したCX-8は、SUVというジャンルの枠を飛び越えた上質な走りを提供し、若い世代にも支持されています。今回は、CX-8の中でも特にこだわりが詰まった内装について詳しく解説していきます。


引用:マツダ CX-8

CX-8の内寸と内装の特徴

まずはCX-8の内寸を見ていきましょう。CX-8には全10グレードがラインアップされ、各グレードには7人乗りと6人乗りの2パターンが存在します。内寸はグレード、定員問わず以下のサイズで統一されています。

内寸

長さ:2690mm
幅:1540mm
高さ:1250mm

ちなみにCX-8のライバル車と比較してみると、以下の通りです。

・日産 エクストレイル
 長さ:2000mm 幅:1450mm 高さ:1265mm

・スバル フォレスター
 長さ:2110mm 幅1545mm 高さ:1270mm

・三菱 アウトランダー
 長さ:2580mm 幅:1495mm 高さ:1265mm

このように、ライバル車と比較してみてもCX-8の室内の広さは圧倒的です。特に室内長は圧倒的で、他の追随を許しません。
CX-8はワンボックスカーのように3列目シートの使い勝手を意識した作りになっていますが、内寸を比較した場合にその違いは一目瞭然といえます。

内装の特徴

CX-8の内装には国産車とは思えないほどの強いこだわりが詰まっています。

中級グレードであるProactiveL Package以上のモデルには随所にクロームメッキ加工が施され、L Packageではそれに対比するようにインパネ周りを中心に本物の木材を採用。先進的なデザインと温もりの共存を演出しています。また、シートやステアリングなど、人が触れる部分には本革を採用。これもL Packageのみの仕様ですが、高い質感を感じられるような工夫が内装の至るところに施されています。

また、居住性にこだわったCX-8はフロントのコンソール部分も高級感あふれる仕様となっています。大型のアームレストは大人2人が肘を掛けても余裕のあるサイズで、高級セダンのような重厚感を演出。特に長距離でのドライビングにおいては必須の装備といえます。


引用:マツダ CX-8

CX-8の内装色とシート素材

CX-8の内装色

CX-8の内装色の要であるシート色は全部で3つのパターンが用意されています。ガソリン車、ディーゼル車、そしてグレード別によって材質や色は以下のような違いがあります。

・ガソリン車
 25S:クロス素材 ブラック
25S Proactive:クロス素材 ブラック
 25T Proactive:クロス素材 ブラック
 25S L Package:ナッパレザー ディープレッドorピュアホワイト
 25T L Package:ナッパレザー ディープレッドorピュアホワイト

・ディーゼル車
 XD:クロス素材 ブラック
XD Proactive:クロス素材 ブラック
 XD L Package:ナッパレザー ディープレッドorピュアホワイト

シートに使用されている素材はクロスとナッパレザーの2パターンが存在します。クロス素材の場合はブラックのみしか選択肢はありませんが、ナッパレザーの場合はワインレッドやブラウンに近い「ディープレッド」と「ピュアホワイト」の2色から選ぶことができます。

このようなカラーバリエーションは国産車の中でもあまり見られるものではありません。海外の高級車を彷彿とさせるような質感とデザインセンスの高さをうかがわせる内装といえます。


引用:マツダ CX-8

CX-8のシート素材

CX-8の上級グレードに採用される「ナッパレザー」とはシートの座面やサイドのサポート部分に本革を使用したものです。

背もたれの部分には無数の細かな穴が空いており、本革素材の悩みである「蒸れ」を解消してくれる役割を果たします。また、直射日光に当たりやすいフロントシートにはベンチレーション機能を装備。空気の吸出し口が設けられていることによって、暑い季節でも快適にドライブを楽しむことができます。

CX-8のアクセサリー

CX-8には豊富なアクセサリーが用意されています。CX-8はユーザーの好みや用途によってさまざまな印象にカスタマイズすることができる車です。
そこで今回は、「ラグジュアリー感」「スポーティー感」「アウトドア派」の3つに分けておすすめのアクセサリーをご紹介します。

ラグジュアリー感を演出したい

フットランプ&イルミネーション

フロントシートから3列目シートまでの足元に追加できるイルミネーションは、間接照明のような印象を与えて高級感を演出できます。ライトの色はホワイトとブルーの2色から選択することができ、光の色合いによって与える印象も大きく変わります。
また、夜間の乗り降りの際にも足元を照らしてくれるため、安全性への配慮はもちろん、足元に物を落とした際にも見つけやすいメリットがあります。必要に応じてフロント席のみの選択から、2列目、3列目をそれぞれ追加していくことができます。

ウエルカムランプ

こちらもイルミネーションのアクセサリーのひとつ「ウエルカムランプ」です。ドアの下部分をライトが照らしてくれます。まるで乗車をエスコートしているかのような特別な気分を味わうことができ、フットランプと同様に夜間の乗り降りも安全にサポートしてくれます。
点灯時間も最大60秒までカスタマイズが可能で、乗り降りする人の年齢や人数に合わせて最適な時間を設定できます。


引用:マツダ CX-8

スポーティー感を演出したい

アルミペダルセット

アクセル、ブレーキ、フットレストに装着するアルミニウム製のペダルセットです。しっかりとした剛性によって操作感も抜群。見た目もスポーティーな印象に変化します。
CX-8の内装にはクロームメッキ加工の施されたパーツが多用されているため、内装のデザインとのバランスも最適といえます。運転へ乗り込む際に毎回目にすることになるため、ユーザーの所有感を高めるアクセサリーとしてもおすすめです。

スカッフプレート

ドアを開閉した際、サイドステップ部分に見えるロゴ入りのプレートです。フルノーマルの状態ではシンプルなサイドステップも、スカッフプレートを1枚取り付けただけでスタイリッシュでスポーティーな印象に変貌を遂げます。
フロントドアだけではなく、リアドアの分を含めて4枚セットになっていることでデザインの統一感も出てきます。


引用:マツダ CX-8

アウトドア派におすすめのアクセサリー

サイクル/スキー/スノーボードアタッチメント

ルーフ部分に設置するTHULE製のアタッチメントです。SUVとしての走破性も忘れていないCX-8であるからこそ、遠くに出てアウトドアのレジャーを楽しみたいユーザーも多いはずです。SUV用のアクセサリーとして定番のアタッチメントも手頃な価格でアクセサリーのラインアップに仲間入りしています。
いずれのアタッチメントもTHULE製で高い品質を誇り、長距離のドライブであっても安心して走行することができます。アタッチメントを装着する前に、システムキャリアベースをルーフに設置することも忘れないようにしましょう。

ベッドクッション

CX-8は後部座席の2列をフルフラットの状態にすることが可能です。しかし、フルフラットであったとしてもシート表面の凹凸や固さは必ずしも快適に睡眠できる環境とはいえません。
そこでおすすめしたいのが、シート用のベッドクッション。純正のアクセサリーということもあり、CX-8の後部座席にすっぽり収まるサイズです。使用しないときは3列シート後ろのラゲッジスペースに折りたたんで収納することもでき、収納場所に困るほど邪魔になることもありません。


引用:マツダ CX-8

まとめ

マツダらしいスポーティーでスタイリッシュな印象のCX-8。外観だけではなく、内装を見ても期待以上の仕上がりとなっています。国産車とは思えないほどの質感の高さやデザイン性の高さは、マツダならではといえるのではないでしょうか。

今後CX-8を検討する場合は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。