アルファードで車中泊はできる?車中泊を快適にする方法とは

アルファードは車体が大きく中が広いということもあって、車中泊に活用するという方も少なくありません。

ネットで検索すれば「アルファードで車中泊してみました!」というブログやサイトがたくさん出てきます。

でもそこで気になるのが、「アルファードで快適な車中泊は実現可能なのかどうか」。

車中泊ができたとしても、快適に過ごせないのであれば意味がありませんよね?

そこで今回は、アルファードでの車中泊について詳しく解説していきたいと思います。

アルファードでの車中泊が快適なのかどうかということはもちろん車中泊に欠かせないアイテムなども紹介しているので、アルファードで車中泊をしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

アルファードで快適な車中泊は実現可能なのか

引用:http://pixabay.com/

アルファードでの車中泊を考えたときに気になってくるのが、

  • アルファードで車中泊することはできるのか
  • アルファードでの車中泊は快適なのか

の2点について。

結論から言うと、アルファードで車中泊することは可能ですし、かなり快適な車中泊が実現できます。

というのも、アルファードは車中泊をするのに十分な広さと長さを備えているからです。

アルファードには7人乗りのタイプと8人乗りのタイプとがありますが、どちらもシートをフラットにすることで2メートル弱の長さを作り出すことが可能です。

また、1.5メートルほどの横幅があるので、1人はもちろん複数人で寝転がることもできます。

ただし、アルファードでの快適な車中泊を実現するためには車中泊グッズの用意が必須です。

そのため、後ほど紹介する車中泊グッズの項目を参考に、必要なグッズを揃えてから車中泊をおこなうようにしてください。

アルファードで車中泊をする4つのメリット

引用:http://pixabay.com/

まだアルファードでの車中泊経験のない方がアルファードで車中泊をおこなうときに気になってくるのが、「車中泊にはどういったメリットがあるのか」という点について。

そこでここからは、車中泊をおこなうことで得られる4つのメリットについて紹介していきます。

ホテル代をうかせることができる

車中泊の最大のメリットと言えば、ホテル代が浮くということではないでしょうか?

ホテルに宿泊するとなると一人数千円〜数万円ほど宿泊費がかかりますが、アルファードで車中泊をすると、この宿泊費をまるまる浮かせることができるわけです。

その浮いたお金を、旅行先の食事に使ったり遊ぶのに使ったりすることができるので、より充実した旅行にすることができます。

時間にしばられないで済む

ホテルや旅館などの宿泊施設にはチェックインとチェックアウトの時間があり、ある程度その時間に合わせて行動しなくてはいけません。

チェックインの時間とチェックアウトの時間ありきでスケジュールを組まないといけなくなってくるので、そこにストレスを感じている方も少なくないでしょう。

一方、アルファードでの車中泊にはそういった時間による制限が一切ありません。

そのため、時間にしばられることなく、好きなようにスケジュールを組むことができるようになります。

場所にしばられないで済む

ホテルや旅館などの宿泊施設を利用する場合、時間だけでなく場所についての制限も生じてしまいます。

場所の制限が生まれると、ある程度行動範囲にも制限が出てきてしまうので厄介です。

しかし、アルファードでの車中泊なら、そういった場所の制限も一切ありません。

好きなところに行き、好きな場所で寝泊まりすることが可能です。

貴重な体験ができる

実際に車中泊をおこなった経験がある人であれば誰もが共感してくれるかと思いますが、車中泊で得られる経験は非常に貴重なものです。

宿泊施設での宿泊とは違い、車内とはいえ外で宿泊することになるので、圧倒的な非日常感を味わうことができます。

車中泊を繰り返す方の中には、この「非日常感」を味わうためにまたやりたくなるという方も少なくありません。

アルファードで車中泊をする4つのデメリット

http://pixabay.com/

さまざまなメリットのあるアルファードでの車中泊ですが、デメリットがないわけではありません。

そこでここからは、アルファードでの車中泊によって生じるデメリットについてみていきましょう。

寝心地が良いわけではない

車体が大きく車内も広いアルファードとはいえ、決して寝心地抜群というわけではありません。

マットレスなどの車中泊グッズを用意したとしても車中泊特有の寝心地の悪さを完璧に消すことはできないでしょう。

そのため、「枕が変わると寝られない」というような神経質の場合は、車中泊はやめておいた方が無難だと言えますね。

暑さや寒さに弱い

いくら高級車のアルファードとはいえ、ホテルや旅館といった建物並みの防熱・防寒性能は備えていません。

また、車中泊では基本的に外に車を止めて宿泊することになるので、どうしても暑さや寒さに弱くなってしまいます。

そのため、暑さに弱い方や寒さに弱い方の場合、体調を崩してしまう可能性もあります。

安全性が高いとは言えない

車中泊は外に車を止めて車内で宿泊するということもあって、決して安全性が高い宿泊方法とは言えません。

ホテルや旅館など建物での宿泊に比べると安全性に不安が残ってしまうので、

  • しっかりとドアにロックをかける
  • 窓に目隠しをする
  • 防犯グッズを車に載せておく

などして、対策をおこなう必要があります。

快適とは言えない

時間や場所にしばられないため一見すると快適に思える車中泊ですが、やはりホテルや旅館での宿泊に比べると不便さは残ってしまいます。

その中でも一番頭を悩ませるのがトイレの問題でしょう。

マナーを考えると外でするというわけにもいかないので、トイレをしたくなるたびに用を足せる場所を探す必要が出てきてしまいます。

車中泊するときに絶対に用意しておきたい4つの車中泊グッズ

引用:http://pixabay.com/

アルファードで車中泊する場合のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、できるだけデメリットを減らして車中泊を楽しみたいと思ったときに活用していきたいのが「車中泊グッズ」です。

そこでここからは、アルファードで車中泊をするときに持っておくと便利な車中泊グッズを紹介していきたいと思います。

マットレス

車中泊でも睡眠をしっかりと取りたい思ったら、マットレスは必要不可欠です。

「シートをフラットにするだけでいいんじゃないの?」と思う方いるかもしれませんが、マットレスがあるのとないのとでは、睡眠の質に雲泥の差が生まれてしまいます。

ちょっと昼寝するだけならマットレスがなくても問題ないかもしれませんが、長時間の睡眠となるとマットレスが必須になるので、きちんと用意しておくようにしましょう。

また、必要であれば枕も用意しておくと良いでしょう。

寝袋

車中泊では寝袋も必要不可欠になります。

夏場でも夜は気温が低くなることもあるので、マットレスだけでは不十分です。

マットレスと布団で対応することも出来なくはありませんが、布団は寝袋ほどコンパクトにできないのでどうしてもかさばってしまいます。

また、寝袋は全身をすっぽりと包むような形状になっており保温性が高いので、布団よりも車中泊に向いていますよ。

ライト

車を止める場所にもよりますが、車中泊では光源を確保するのが難しくなってしまいます。

かといって車のライトをつけっぱなしにするのは、車のバッテリー的に現実的ではありません。

なので、ライトを用意しておくようにしましょう。

懐中電灯タイプのものよりも、独立して置くことができるタイプのものが重宝するのでおすすめですよ。

モバイルバッテリー

スマホなどのモバイルツールが必要不可欠な現代において、それらのモバイルツールの充電が切れてしまうと一気に不便になってしまいます。

そのため、車中泊をするときは最低でも一つはモバイルバッテリーを持っておくようにしましょう。

容量の大きいものやいくつかポートがついているものがおすすめです。

アルファードでの車中泊についてのまとめ

アルファードは数ある車の中でも比較的車中泊に向いている部類の車です。

今回紹介してきた車中泊グッズをきちんと用意しておけば、思っているよりも快適に過ごすことができるでしょう。

また、今回紹介してきた車中泊グッズはあくまでも最低限用意しておくべきものばかりなので、いろいろ自分で探してみて、揃えるのも楽しいかもしれませんね。