新型アルファードの人気色は?色別の特徴をふまえながら徹底解説

2018年の1月に大型のマイナーチェンジがおこなわれたアルファード。

発売後のユーザーからの評判も上々で非常に人気の高い車種となっています。

そのいった新型アルファードに関する評判を耳にして「ぜひ購入したい!」と考えている方も少なくないかと思いますが、新型アルファードを購入するときにほとんどの方が頭を悩ませるのが色について。

新型アルファードではカラーが7色用意されていますが、どれも高級感あふれる色ばかりで、どれを選べばいいのか本当に悩んでしまいます。

とはいえ、車は決して安い買い物ではありませんし、そもそもアルファードは高級車なので色選びで失敗することはできまんよね?

そこで今回は、新型アルファードの色について詳しく解説していきたいと思います。

それぞれの色の特徴やどの色が人気なのかといったことについて解説していくので、色選びの参考にしてください。

新型アルファードの色は全部で7種類

冒頭でも紹介した通り、新型アルファードで選べる色は、

  • ブラック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  • グラファイトメタリック
  • スティールブロンドメタリック
  • ダークレッドマイカメタリック

の7種類です。

その中でも、

  • グラファイトメタリック
  • スティールブロンドメタリック
  • ダークレッドマイカメタリック

の3種類は、2018年1月発売の新型アルファードから追加された「新色」になります。

ここからはそれぞれの色の特徴についてみていきましょう。

ブラック

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

不動の人気を誇る定番色。

「アルファードと言えばこの色」というほど人気が高く、中古車市場での人気も抜群なカラーです。

アルファードと言えばフロントのメッキグリルが印象的ですが、ブラックはそのフロントメッキグリルが映える色なので、アルファードの外観のデザインを思いっきり楽しみたい方におすすめしたい一色です。

また、アルファードのブラックに採用されているのはソリッドタイプのブラックで、一般的な車のブラックカラーよりも高級感にあふれています。

しかし、ブラックカラーの車両はキズやシミが目立ちやすいといった特徴もあるので、丁寧に乗りこなすのはもちろん細かなメンテナンスが必要になってくることも忘れないでおくようにしましょう。

ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

ブラックと並び人気の高いカラー。

ブラックは少し無骨すぎると感じた方が選ぶ色として人気が高いようです。

ただのホワイトではない名前からもわかる通り、ホワイトパールクリスタルシャインには特別な白が使用されていて、高級感にあふれています。

また、パール塗装というより高級感あふれる塗装加工がおこなわれているので、見る人によってはブラックよりもラグジュアリーに見えるかもしれません。

ただ、汚れやキズが目立つというデメリットがあるので注意必要です。

また、ホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプションのカラーなので、通常のカラーよりも価格が32,400円高くなっています。

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

「白は好きだけど定番過ぎてちょっと…。」という方におすすめなのがこの色。

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークは一般的な白ではなく、オフホワイトのような色味となっています。

ホワイトパールクリスタルシャインはラグジュアリー感が強めですが、こちらのカラーは柔らかい印象を受けます。

また、単純に柔らかい色味なだけでなく、光を反射するガラスフレーク加工によりアルファードの高級感を残しつつ柔らかい印象をあたえています。

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークはメーカーオプションのカラーなので、通常のカラーよりも32,400円高く設定されています。

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

落ち着いた暗めの色が好きな方におすすめの一色。

スパークリングブラックパールクリスタルシャインは一見すると黒色のように見えますが、よくよく見てみると暗めのブルーや暗めのパープルのように見える特殊なカラーです。

スパークリングブラックパールクリスタルシャインはメーカーのオプションカラーなので、32,400円プラスとなります。

グラファイトメタリック(新色)

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

一見ブラックに見えるダーク系の落ち着いた色。

グラファイトメタリックは新型アルファードから追加された新色の一つです。

こげ茶色という表現が一番近いかと思われますが、深みがある上にメタリック感もあるので、単純な茶色よりも高級感が感じられる色味になっています。

アルファードと言えばどうしてもブラックの印象が強く、街中で被ってしまいがちです。

一方このグラファイトメタリックはかなり個性的な色なので、人と被るのが嫌いな方にはもってこいの色だと言えるのではないでしょうか?

スティールブロンドメタリック(新色)

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

ピンク系統の色味を帯びたスティールブロンドメタリック。

こちらも2018年1月発売の新型アルファードから追加された新色の一つとなっています。

ピンク系の色味を帯びていると言いましたが、このスティールブロンドメタリックは見る角度や光の当たり方によって色味が変化する特殊なカラーです。

そのため、薄いピンクのように見えたかとおもったら紫がかって見えたりすることもあり、ユーザーを飽きさせません。

女性人気の高い色となっています。

このスティールブロンドメタリックは標準ボディ専用のカラーで偉ろボディでは選べないので注意しましょう。

ダークレッドマイカメタリック(新色)

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_top_recommend_detail2

深みのある赤が重厚なボディに映える「ダークレッドマイカメタリック」。

ダークレッドマイカメタリックも今回の新型アルファードから追加された新色の一つとなっています。

また、エアロボディ専用のカラーなので、標準ボディのカラーとしては選ぶことができません。

ダークレッドマイカメタリックは、名前の通り深みのある赤色で赤ワインのような色味が特徴的です。

男性はもちろん女性が運転していてもかっこいいカラーだと言えますね。

新型アルファードの人気色は?

新型アルファードの人気カラーランキングは以下のとおりです。

順位
1位 ブラック
2位 ホワイトパールクリスタルシャイン
3位 ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
4位 スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
5位 グラファイトメタリック
6位 ダークレッドマイカメタリック
7位 スティールブロンドメタリック

やはりブラックやホワイトなど定番と言える色が強くなっています。

どの色にするかは自分の好きな色を選ぶのが一番ですが、後々買い換えることを考えて定番色を選ぶのもアリです。

というのも、定番色の方が需要が高く買取価格も高い傾向にあるので、後々売却するときに高額で売却できる可能性があるからです。

アルファードは車自体の人気が高いので、どの色でもある程度の価格での売却が期待できますが、人気色と不人気色では売却価格に数十万円の差が出ることも珍しくありません。

もちろん好きな色で選ぶのが基本ではありますが、特に欲しい色が決まっていない方の場合、そういった選び方もあるということも覚えておきましょう。

アルファードのカラーについてのまとめ

2018年1月に発売された新型アルファードの色は全部で7色で、中でも定番色であるブラックやホワイトの人気が高くなっています。

こういった定番色は売却するときの価格(リセールバリュー)が高い傾向にあるので、後々売却することを考えて色を選んでみてもいいかもしれませんね。

ただ、ブラックやホワイト以外の色が全く需要がないということではないので、ディーラーに足を運んで実際に色味を確かめてからどの色を購入するか決めてみてはいかがでしょうか?