エクストレイル・ハイブリッドのグレードと実際の燃費を紹介!

「エクストレイル」はSUV 4WD車で、2018年上半期の販売台数ナンバー1を誇る人気のスポーツ車です。

安定した走行性能に加え、アウトドアスポーツのために考えられたというユーティリティから、多くのファンを獲得しています。

なかでも注目なのが、燃費が良いと話題の「エクストレイル・ハイブリッド」です。

しかしエクストレイル・ハイブリッドは本当に燃費が良いのか疑問に思っている方もいるかもしれません。

今回はそんな方のために、エクストレイル・ハイブリッドの実際の燃費について紹介していきます。

エクストレイル・ハイブリッドとは?

(画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html)

エクストレイル・ハイブリッドはその名のとおり、エクストレイルのハイブリッド車です。

ガソリンだけが燃料のガソリン車に対し、ハイブリッド車はガソリンの他に電気もエネルギー源にしているため、走行時のガソリンの消費を抑えられます。

そのため、基本的にハイブリッド車のほうがガソリン車に比べて燃費が良くなります

エクストレイルにもガソリン車とハイブリッド車の2種類があり、カタログ燃費ではハイブリッド車のほうが4km/Lほど上回っています。

エクストレイルのハイブリッド車のおもなグレード

(画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html)

では次に、エクストレイル・ハイブリッドには、どんなグレードがあるのか紹介していきましょう。

エクストレイルのハイブリッド車には、以下のグレードがあります。

  • 20S HYBRID
  • 20X HYBRID
  • 20Xi HYBRID

どのグレードにも2WDと4WD、両方の仕様があります。

ここでは各グレードについて、それぞれ紹介していきましょう。

エクストレイル20S HYBRID

20S HYBRID」は、エクストレイルのハイブリッド車のなかで最も安価なモデルです。

20S HYBRIDのステアリングやシフトノブは、ウレタン製となっています。

とはいえ、運転性能が他のグレードと比べて落ちるというわけではありません。

他のグレードと比べれば多少の安っぽさはあるものの、安い価格で購入したいという人におすすめのモデルです。

20S HYBRIDのメーカー希望小売価格は、2WD車が2,589,840円、4WD車が2,796,120円となっています。

エクストレイル20X HYBRID

20X HYBRID」は、先ほど紹介した20S HYBRIDをグレードアップさせたモデルです。

20X HYBRIDには、20S HYBRIDにはない以下の特徴や機能があります。

  • 本革巻ステアリング&本革巻シフトノブ
  • リモコンオートバックドア

20X HYBRIDは20S HYBRIDと違い、ハンドルとシフトノブが本革巻きになっています。

高級感が出るだけでなく、手のフィット製も良くなるのが本革製のメリットです。

また20X HYBRIDには、「リモコンオートバックドア」の機能もあります。

これは車のバックドアを、リモコンキーのボタンを押すだけで自動開閉できる機能です。

20X HYBRIDのメーカー希望小売価格は、2WDが2,892,240円、4WDが3,098,520円と、20S HYBRIDより30万円ほど高くなっています。

エクストレイル20Xi HYBRID

20Xi HYBRID」は、先ほど紹介した20X HYBRIDの特別仕様車です。

20Xi HYBRIDには、おもに以下の機能が追加されています。

  • インテリジェントルームミラー
  • インテリジェントアラウンドビューモニター
  • プロパイロット

インテリジェントルームミラー」は、車のルームミラーに、車体の後方にあるカメラの映像を映し出せる機能です。

アウトドアスポーツではトランクに荷物をたくさん積むことが多く、後方の視界が遮られがちですが、そんな時でもインテリジェントミラーを使えば、後方をしっかり確認できます。

インテリジェントアラウンドビューモニター」は、駐車する時に、車を上から見ているような映像がルームミラーに映し出される機能です。

さらに車の周りに移動物がある時は、音で知らせてくれます。

プロパイロット」は、高速道路の運転中、アクセルやブレーキ、ハンドルを自動制御する機能です。

プロパイロットには、おもに以下2つの機能があります。

  • インテリジェントクルーズコントロール
  • ハンドル支援

インテリジェントクルーズコントロール」は、車の速度に応じて、前を走っている車との車間距離を保って走行する機能です。

前の車が停止した時は、自分の車も自動で停止します。

前に車がいない時も、運転手がセットした速度で定速走行します。

ハンドル支援」は、車線の中央を走るようにステアリングを制御し、ハンドル操作をサポートしてくれる機能です。

20Xi HYBRIDのメーカー希望小売価格は2WDが3,071,520円、4WDがメーカー希望小売価格3,277,800円で、20X HYBRIDより18万円ほど高くなっています。

エクストレイルのハイブリッド車の燃費は?

ここまでの説明で、エクストレイル・ハイブリッドの機能性の高さが分かったはずです。

では肝心の燃費は、本当に優れているのでしょうか?

ここでは、エクストレイル・ハイブリッドの燃費について紹介していきます。

エクストレイルのハイブリッド車のカタログ燃費

エクストレイル・ハイブリッドのカタログ燃費は、以下のようになっています。

2WD 4WD
20S HYBRID 20.8km/L 20km/L
20X HYBRID 20.8km/L 20km/L
20Xi HYBRID 20.8km/L 20km/L

このようにエクストレイル・ハイブリッドの燃費は、どのグレードも2WDは20.8km/L、4WDは20km/Lという数値が出ています。

エクストレイルのハイブリッド車の実際の燃費

先ほどエクストレイル・ハイブリッドの燃費について紹介しましたが、これはあくまでカタログ燃費です。

エクストレイル・ハイブリッドのカタログ燃費は、「JC08モード」という方法で測定されています。

JC08モードは国土交通省が認定した燃費審査方法ですが、車のタイヤをローラーの上に載せて運転することで測定しているため、実際に公道を走っているわけではありません。

そのため実際に公道を走った場合と同じ値にはならず、実際の燃費はカタログ燃費の6割程度とも言われています。

そこで気になるのが、実際の燃費がどれくらいなのかということです。

実際の燃費を知るには、ネット上の口コミなどを見るのがおすすめです。

車の口コミサイト「e燃費」では、エクストレイル・ハイブリッド20X 2WDのユーザーたちが投稿した燃費の平均が「13.74km」と出ていました。

e燃費の口コミでは、最高で17.5km/Lの人から11.08kmの人まで様々でした。

実際の燃費は、ドライバーの普段運転する環境や状況などによっても様々ですから、幅が出るのは当然のことです。

平均燃費こそ低く出ましたが、実際に口コミを見ると、高速走行では19km/Lくらいだったり、トータルでは15km/Lを維持しているという口コミも多く見られました。

悪い口コミもほとんどなく、燃費に対する平均評価は5点満点中4.2点でした。

カタログ燃費と比べると低い数値にはなるものの、概ね満足しているというのが多くのユーザーの意見のようです。

まとめ

SUV車のなかでも屈指の人気を誇る「エクストレイル」の購入にあたって、燃費を重視するのならハイブリッドがおすすめです。

エクストレイル・ハイブリッドの燃費は、同じ車種のガソリン車と比べ4kmほども上回っており、2WDが20.8km/L、4WDが20km/Lとなっています。

とはいえこれはカタログ燃費であって、実際の燃費は平均して14km/L弱となっているようです。

それでもユーザーの口コミを見ると、燃費には概ね満足しているという声が多く見られます。

エクストレイル・ハイブリッドが気になるという方は、こうした実際の燃費やユーザーの口コミを見たうえで購入の検討をするといいでしょう。