【CX-8】VS【エクストレイル】 どっちがおすすめ?比較してみた!

マツダが誇るフラッグシップSUVであるCX-8。登場以降高い人気を集め、2018年カーオブザイヤーにも輝きました。

新車購入を検討している人も多いと思いますが、他メーカーのライバル車とじっくり比較したうえで決定したいもの。

CX-8のライバル車として挙げられる代表格に日産 エクストレイルがありますが、どちらがお買い得なのでしょうか。

今回は、CX-8とエクストレイルの外装や内装、動力性能などを比較しながら、どちらがコストパフォーマンスに優れているのか詳しく解説していきます。

引用:マツダ CX-8 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8とエクストレイルの外観を比較してみる

まずはCX-8とエクストレイルのエクステリアを比較してみましょう。

ボディサイズはもちろん、デザインのコンセプトも大きく違う両車をくらべてみると、その明確な違いが見えてきます。

引用:マツダ CX-8 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

ダイナミックなボディのCX-8

CX-8とエクストレイルのボディサイズは以下の通りです。

<CX-8>

  • 全長:4900mm
  • 全幅:1840mm
  • 全高:1730mm
  • ホイールベース:2930mm

<エクストレイル>

  • 全長:4590mm
  • 全幅:1785mm
  • 全高:1685mm
  • ホイールベース:2630mm

サイズを比較すると一目瞭然で、CX-8のほうがボディサイズが一回り大きいことがわかります。

大柄なボディは迫力があり、SUVらしい悠然とした佇まいが魅力です。

SUVに求める要素はユーザーによって違いますが、ロングドライブをする機会が多かったり、家族全員がゆったりと過ごせるミニバンに近いニーズを求めるのであればCX-8がおすすめです。

SUVらしさと個性を追求するならエクストレイル

CX-8に比べるとエクストレイルは一回りボディサイズが小柄に設計されていますが、機動性の良さを考えると多少コンパクトに設計されているSUVのほうが使い勝手は良い場合もあります。

また、CX-8に比べて圧倒的なボディカラーの豊富さもエクストレイルのメリット。

実に12色から選ぶことが可能なカラーは、個性を演出するには最適です。

こだわりの詰まったボディ塗装にはスクラッチシールドという加工が施されています。

スクラッチシールドとは塗装表面に付いたわずかな小傷を時間とともに修復するというもの。

悪路を走行する機会の多いSUVは、頻繁に洗車をしなければなりません。

洗車機にかけた後の小傷もスクラッチシールドによって修復してくれるため、SUV本来の用途を満喫するにはエクストレイルがおすすめです。

CX-8とエクストレイルの内装を比較してみる

次にCX-8とエクストレイルの内装を比較してみましょう。

CX-8は高級感のあるイメージで、エクストレイルはアウトドア感を全面に押し出しているイメージを持った人も多いと思います。

そのイメージは車内に入るとより一層強く感じることになるはずです。

引用:マツダ CX-8 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

高級感で選ぶならCX-8

CX-8とエクストレイルは、同じSUVというジャンルであっても全くコンセプトが異なる車です。

まずはCX-8の内装を見てみると、高級車のようなラグジュアリーな雰囲気を感じることができます。

肌触りの良いシートや随所に施されたメッキ加工のパーツ、木目調のパネルや大きなセンターコンソールなど、高級車でなければ装備されていないようなインテリアパーツが数多く装備されています。

また、一部上級グレードには白色のシートも選択でき、まるで欧州メーカーの洗練された高級車のような雰囲気を感じることができます。

さらに、3列目のシートまでしっかりと座れる幅広い室内はミニバンのような快適さを提供。

高い静寂性を誇るCX-8の室内空間は、いたるところに車外からの音を遮断する技術や工夫が施されています。

まるで高級車の作りのようにしっかりとした室内空間の設計はCX-8ならではのポイントです。

アウトドア派にはエクストレイル

高級感が売りのCX-8に対し、エクストレイルはやはりアウトドア派をターゲットに作らている車です。

インテリアの最大の特徴はシートやラゲッジスペースに施された防水加工。

ウインタースポーツやマリンスポーツを楽しんだ後は、いくら気をつけていても車内が濡れてしまうもの。

そのような用途を前提として考えられているエクストレイルは、アウトドアを趣味として楽しむユーザーに最適な1台といえます。

ちなみに、ラゲッジスペースにアクセスするために開閉するバックドアは、リアバンパーの下部に足をかざすことで自動で開閉可能なオプションもあります。

準備や後片付けの際に両手が塞がっていても、スムーズにドアの開け締めが可能です。

CX-8とエクストレイルの動力性能はどっちが上?

自動車選びにおいてもっとも重要な動力性能。

特にCX-8とエクストレイルはSUVということもあり、トルクや出力を意識しているユーザーも多いのではないでしょうか。

また、昨今改良が進む環境性能についても妥協せずに選びたいものです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

ディーゼルならではの力強さが魅力のCX-8

まずはCX-8の動力性能を確認してみましょう。

<ディーゼル>グレード共通

  • 排気量:2200cc
  • 最高出力:140kw(190ps)/4500rpm
  • 最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/2000rpm
  • 燃費:15.4~15.8km/L(WLTCモード)

<ガソリン>2WDモデル

  • 排気量:2500cc
  • 最高出力:140kw(190ps)/6000rpm
  • 最大トルク:252N・m(25.7kgf・m)/4000rpm
  • 燃費:13.4km/L(WLTCモード)

<ガソリン>4WDモデル

  • 排気量:2500cc
  • 最高出力:169kw(230ps)/4250rpm
  • 最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/2000rpm
  • 燃費:12.0km/L(WLTCモード)

CX-8の特徴は、ディーゼルならではの力強いトルクを味わうことができる点にあります。

また、燃料コストも考慮するとクリーンディーゼルエンジンはハイブリッド車にも匹敵するほどの経済的メリットがあります。

ハイブリッドのラインアップがないことでCX-8を候補から除外する前に、優れた動力性能と燃費の良さ、そして軽油であるため燃料コストそのものが節約できる点を改めて検討してみてはいかがでしょうか。

ハイブリッドも選べるエクストレイル

次にエクストレイルの動力性能を確認してみましょう。

<エンジン>

  • 排気量:2000cc
  • 最高出力:108kw(147ps)/6000rpm
  • 最大トルク:207N・m(21.1kgf・m)/4400rpm
  • 燃費(ガソリン車):15.6~16.4km/L(JC08モード)

<モーター>

  • 最高出力:30kw(41ps)
  • 最大トルク:160N・m(16.3kgf・m)
  • 燃費(ハイブリッド車):20.0~20.8km/L(JC08モード)

CX-8に比べて排気量の小さいエクストレイルは、当然のことながら出力やトルクでは数値上は不利です。

しかし、そもそも大きなパワーは必要としないユーザーには経済的にも優しいメリットがあります。

CX-8とエクストレイルの価格を比較してみる

動力性能だけではなく、車体価格も自動車選びの大きなポイントです。

CX-8とエクストレイルそれぞれの価格帯を見ながら、予算に合った1台を選びましょう。

引用:マツダ CX-8 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8とエクストレイルの価格

まずはそれぞれの価格帯を見ていきましょう。

<CX-8>

  • ガソリン:約290万円~430万円
  • クリーンディーゼル:約360万円~450万円

<エクストレイル>

  • ガソリン:約220万円~360万円
  • ハイブリッド:260万円~390万円

単純に価格帯で見ると、エクストレイルが50万円程度手頃な価格で購入できることが分かります。

しかし、上質なSUVであるCX-8が最安で200万円台で購入できるというのも大きな魅力であると考えることもできます。

手頃な価格で選ぶならエクストレイル

車体価格の50万円の差は大きいものです。

どうしても予算の都合上、手が届かなかったり、何らかの事情によってすぐに車を購入しなければならない場合はエクストレイルの安さは強い味方です。

CX-8とエクストレイルどっちがおすすめ?

さまざまな角度からCX-8とエクストレイルを比較してきましたが、最終的にどちらがおすすめなのでしょうか。

コスパ最強はCX-8に軍配

動力性能や質感の高さ、維持費など、総合的に比較検討したとき、コストパフォーマンスに優れているのはCX-8に軍配が上がります。

大人なSUVというイメージがぴったりの1台であり、日本車離れしたスタイリッシュなデザインと動力性能が大きな魅力です。

予算が許すのであれば、CX-8を選んだほうが後悔のない選択になるはずです。

アウトドア派や価格帯で選ぶならエクストレイル

アウトドアでの用途を第一に考えているユーザーや、予算に余裕のない場合はエクストレイルがおすすめです。

SUVとしての完成度が高く、使い勝手も考え抜かれた1台です。